少女まんが館
Welcome to "Shoujo manga kan" Homepage.



最終更新日 令和3年06月05日(土)  ||  Last Update 05 June 2021

リンクはご自由にどうぞよろしく。 || Link free

next open
12 June 2021

Open: Saturdays(April〜October)
Hours: 1:00p.m.〜6:00p.m.

about reservation(予約について)
news(メッセージ小窓)

さるすべりへの道(少女まんが館への道)

*網代橋は「歩行者のみ通行可」となりました。車両はいまだ通行止め。自転車やバイクは押し歩きならば可です*

*ツイッター/Twitter(@shoujomangakan)はこちら。
当日開館情報などをつぶやいています→


*中野純(さるすべり)のツイッター/Twitter(@_NakanoJun_)はこちら。
女ま館のこともぼちぼちつぶやいています→


*『少女まんがは吸血鬼でできている〜古典バンパイア・コミックガイド』
(方丈社、中野純+大井夏代・著)、館主ふたりの共著本、好評発売中!


*『少女まんがは吸血鬼でできている』刊行記念鼎談
「マガジン航」トークセッション第1回、館主ふたりがユーチューバーに!?


*女ま館では開館日に女ま館を起点とした
「ナイトウォーク・イージーオーダー/Night-walk easy order」を受け付けています。
女ま館・館主のひとりであり、闇と地獄の専門家、中野純(さるすべり)がご案内いたします→


お問い合わせ、来館予約などは、こちらの↓のアドレスでお願い致します。

●What is "Shoujo Manga Kan" ?
(2014. 10.05 Update)

●特別ギャラリー
 高橋真琴先生デラックスマーガレット表紙
(2012.02.18新設)

●少女まんが館とは?
(2014.06.21更新)

●開館予定日カレンダー
(2021.06.05更新)

●寄贈について
(2018.08.11更新)

●寄贈者一覧
(2021.05.16更新)

●寄贈リスト
(2021.05.01更新)

●女ま館日誌
(2021.05.22更新)

。。。。。。。。。。。


note 大井夏代ページへ

忠津陽子初期作品が読める場所

少女まんがリンク集 001

。。。。。。。。。。。


新女ま館関連記事動画など

●木土水HPトップ>設計工房木土水のページ
(ページ中程まで下ル、シュール癒しズム)

●マイクロ・ライブラリーサミット

●マガジン航[k??] (文・西牟田靖)

●名店手帖vol.4(文・石崎孝多)

●東京にしがわ大学授業レポート

●今日の足跡
(神田ぱんさんブログ)

●マイコミジャーナル
(コラム「趣味的第一種接近遭遇」58)



旧女ま館紹介記事など

●マイコミジャーナル
(コラム「趣味的第一種接近遭遇」39)

●少女まんが館を訪ねて


ホームウェル三嘉ホームのブログ
(新女ま館施工日誌です、リンク切れ)

。。。。。。。。。。。

●更新履歴
●過去の小窓
●古文書

 

。。。。。。。。。。。


以下、更新止まってます。

●開架式蔵書リスト
(2010.07.24更新)

●女ま館Q&A
(2012.05.02更新)

●少女まんがの歴史
(2013.06.03新設)

●少女まんがリンク集
(2013.07.14更新)

●「少女まんが館前」へ
(ブログサイト)

。。。。。。。。。。。

こちらは、東京都あきる野市にある「少女まんが館」(少女まんが専門の私設図書館)のホームページです。

ゆるやかにつながっている姉妹館(どちらも自主独立)がふたつございます。

◎三重県多気郡多気町にあるカフェ併設の「少女まんが館 TAKI 1735」はこちら→

◎佐賀県唐津市にある「唐津ゲストハウス 少女まんが館Saga」はこちら→


◎予約の際は、
 1 予約日時
 2 住所
 3 氏名
 4 当日連絡がとれる電話番号
 5 当日の交通手段(電車と徒歩、タクシー、車、バイク、自転車、など)
   以上をお知らせください。

◎グループの場合は、住所氏名は全員、電話番号は代表者のみでかまいません。
 女ま館メールアドレス→

◎お手数ですが、なるべく一週間前までに、メール等でご予約くださいますよう、お願いいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

時節柄、体調のすぐれない方、熱のある方の来館は、ご遠慮ください。

また、入館時は、マスクの着用をお願いいたします。

館内の飲食は、ご遠慮ください。
庭での飲食は、可能です。

予約したかたがた、キャンセルはお気軽にご自由にどうぞ。

当面、予約は1日4組、10名様までで締め切らせていただきます。

また、状況がおもわしくないようでしたら、開館をとりやめることもございます。

予め、ご了承ください。



【女ま館メッセージ小窓 第260号】(2021.05.17)

みなさん、こんにちは!
お元気ですか。

ここ半年ほどのあいだのご報告ふたつ。
ひとつめは、多摩観光推進協議会が発行する「多摩の旅カード」(正式名称、Another Tokyo TAMA「多摩の魅力発信観光マップ&観光図鑑」)に、少女まんが館も紹介いただきました。

はがきサイズ、厚手のトランプのような仕様で、つるんとした手触りがいい感じのカードです。英語版と日本語版の2バージョンあり。凝ってるし、情報もりだくさん!!

都庁をはじめ、青梅・多摩・西武各信用金庫、関連市役所、観光協会などに無料で置いてあるそうです。



ふたつめは、ツイッターではお知らせいたしましたが、
『婦人画報』2021年2月号に少女まんが館も協力させていただきました。


〜〜〜〜〜〜
中野純(さるすべり)
@_NakanoJun_

2020年12月30日
発売中の『婦人画報』2月号の特集「いま、再びの『ポーの一族』」、8頁のうち2頁を少女まんが館が担当しました。私は「『不成不死』の危うい永遠」と題した約1776字の文を書き、大井が年表を作成。明日海りおさん(エドガー役)と千葉雄大さん(アラン役)が表紙の特別版も発売。

〜〜〜〜〜〜

大井は舞台(ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』)を見ることが出来ました。
夢のような時間でした。
コロナ禍の中、無事、舞台が上演終了しましたこと、寿ぎます。
明日海りおさん、生けるエドガー……。

どうもありがとうございました。(ooi)



【女ま館メッセージ小窓 第259号】(2021.05.15)

みなさま、お元気お過ごしでしょうか。

少女まんが館、現在、いちばんよい季節になりました。

野薔薇が満開、大手毬や白詰草も白い花を咲かせ、
赤い薔薇、紫のミニ薔薇も、野苺もたわわ。
小さな不思議な森のような……。

昼下がりから、ご近所の方が遊びに来てくださり、ふたりでガーデン・ティータイム。

閉館時刻間近に、近所のわたしと同世代かも少し下世代のご姉妹ふたりが迷い込まれて、
(じゃなくて、単に、お散歩していたら、噂の少女まんが館をやっと見つけたとのことで……)
野苺を摘んで、お姫様になってしまいました。
(というのは、もちろん、フィクション! 笑顔で帰って行かれました。また遊びに来てください)

世の中は、かなりきびしい状況ですが……、
女ま館の庭には、緩やかな風がそよぎ、
裏の秋川からはカジカガエルの可憐な鳴き声が聞こえてきます。

蔵書整理をしておりましたらば、ついうっかり
『午後のお茶は妖精の国で 2』(遠藤淑子 祥伝社 2009)に出会ってしまい、
読みふけってしまいました。

声を出して笑ってしまいました。
切れの良いファンタジーコメディです。

変わらぬ遠藤先生のギャグセンス!

オススメです。

女ま館は変わらず、秋川渓谷とば口で、
毎土曜日午後、
これからも開館予定です。
(ooi)


【女ま館メッセージ小窓 第258号】(2021.04.01)

春爛漫、 みなさま、お元気お過ごしでしょうか。

少女まんが館の2021年定開日が近づいて参りました。

まだまだ、安心のできないご時世ですが、
4月3日午後1時から6時まで、通常通り開館の予定です。

4月3日のご予約は、まだ受け付けております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。





【女ま館メッセージ小窓 第257号】(2021.02.01)

ご無沙汰しております。
みなさま、お元気お過ごしでしょうか。

たいへんたいへん遅くなりました。
新年のご挨拶を今年はまだしておりませんで……。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あけましておめでとうございます!
令和3年、2021年! 祝!!
昨年中はいろいろお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

厳しい時代となりましたが、
本年がみなさまにとって、健やかなよき時になりますように、
お祈りいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

現在、女ま館は冬期休館中ですが、
寄贈書やご寄付をときおりいただいております。

ほんとうに、どうもありがとうございます!

今後も、少女まんが館をどうぞよろしくお願いいたします。


→過去の小窓記事はこちらへ

女ま館の定期開館日(定開日)は4月〜10月の毎土曜日、午後1時〜午後6時です。
11月〜3月は冬期休館となります。

女ま館の案内地図はさるすべりHP→こちら

女ま館の住所などは→こちらです。

 

*少女まんが館は中野純+大井夏代(さるすべり)による個人運営です。





←ねりまど〜るず・インターネットへ